カーエアコンガスクリーニング


カーエアコンの性能を回復、維持させる役割をしています。


カーエアコンでは、液体(冷媒)を密閉されたエアコンシステム内で循環させ気化→液化→気化を繰り返し行っています。
その際、気体を液化させるための圧縮装置がコンプレッサーです。
エアコンシステムの中を循環し、気化するときに熱を奪い、液化するときに熱を放出するという“熱の移動作用”を行っているのが冷媒であり、カーエアコンでは現在「R134a」と呼ばれるガスが主流として使われています。
この「R134a」ガスは水素系の為、湿気を含みやすいといわれ、エアコンシステムが密閉されているといっても、車の経年により水分や不純物が混入してしまいます。
その結果、冷却効率を落としてしまうことがあるといわれています。


また、配管の接合部などから微量のガスが漏れることもあり、ガスが減れば当然エアコンの効きは悪くなります。


専用機器を使用し、冷媒ガスを真空引きですべて吸い出し、冷媒ガスの中の水分や不純物を取り除いたあと、抜けた分のオイル量を新しく補充、決められた量のガスを充填する作業です。

エアコンの性能を最大限引き出します
 従来のエアコンガス圧による充填方法では成し得
 なかった適正量のガス充填により、エアコンの冷
 却性能を最大限に引き出すことができます。

エアコンに関するトラブルを予防します
 車両よりガスを抜き取り不具合の原因となる不純
 物や古い潤滑オイルを除去します。

ガス漏れの発見ができます
 真空引きと呼ばれるエアコン回路内の空気を抜き
 取る作業の際に、漏れが無いかを確認することが
 できます。


まず、エアコンガスの状態を点検いたします。
※エアコンシステムに故障がある場合は、故障個所修理後の作業となります。

 車両からガスをすべて回収(回収量を表示)

 ガスから水分・オイルを除去して再生

 廃オイルを排出

 真空引き

 新オイルを補充

 ガス補充(定量充填)

 結果をプリントアウト


●車のエアコンガスには、現在主流の「R134a」や主に平成6年以前の車に使用されていた「R12」の2種類がります。新基準である次世代ガス「R1234yf」などさまざまな種類も近年では出始めています。
現在、ファンファクトリー帯広店では「R134a」のエアコンガス充填車のみ作業可能です。

●コンプレッサーオイルには、電気絶縁性を持たず、一般的なベルト駆動コンプレッサーに用いられる「PAG」と、電気絶縁性を持ち、ハイブリッド車やEV車などの電動コンプレッサーに用いられる「POE」の2種類があります。
ファンファクトリー帯広店では上記2種類ともご用意しておりますので、ハイブリッド車の作業も可能です。


●エバポレーター洗浄
→エバポレーターには取り込んだ空気が冷却され、吐き出す役割があります。エバポレーター内部の温度と車内の温度の差が生じることで水滴が発生し、カビの原因となります。
エバポレーター洗浄で嫌な臭いを消臭して、きれいな空気を車内へ送り込みます。

●クリーンエアコンフィルター交換
→クリーンエアコンフィルターは、ホコリや花粉、排ガスなどきれいに空気を除去する役割です。エアコンフィルターには空気の汚れが蓄積します。
エアコンフィルター交換で、冷却される前段階で空気をきれいにしてくれます。当店のエアコンフィルターは活性炭入りなのでご安心ください。

●エアコンガス添加剤
→エアコンガス添加剤は、エアコン使用時の燃費悪化・パワーロスを低減しエアコンシステムの耐久性を向上します。 さらに、システム内部の汚れを分散させる効果もあり、低下した機能を回復します。
添加剤は下記のとおり、システムの向上になり、エアコンガスメンテナンスと同時施工でさらに効果を発揮します。

カーエアコンのトラブルは重大です。修理も高額費用となります。カーエアコンガスクリーニングと同時に、作動時のパワーダウンや燃焼悪化対策には上記同時作業がおすすめ。

■直接お電話でご予約
→℡:0155-66-9921まで←クリックすると電話できます
→専任スタッフが親切丁寧にご案内いたします

■FUNFACTORY公式LINEでお客様と直接やり取りできます
登録方法は下記の通りです
→LINE:@060ozaiv
LINE←クリックするとQRコードが表示されます

■ファンファクトリー帯広店
■帯広市大通南27-20-3
■0155-66-9921
■10:00-18:00
■定休日 不定休